24度目の誕生日を迎えて、色々な事がわかってきました。その体験をひとつひとつ書き綴るだけのブログ、にしたい。


by whoresnyron
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さくらー

e0140304_2271416.jpg



だよ☆


簡潔に申しますと、


私は周囲の人たちに恵まれているなーと思いまして。

最近でゆうとー、彼氏とかはっちゃんとかなんだけど、

彼氏に至っては、本当に出会えて良かったと思います。




先生が亡くなったとの知らせを聞いたとき、

正直ショックでした。

どうしたら良いのか解りませんでした。

そのことを彼に話して、

「ごめんね、暗くなっちゃって」と加えたら、








「いいのよ、全然。

人が亡くなるというのは、悲しいことじゃないのよ。

この大変な世の中を生きて、やっと安らかに眠るんだから。

その方は自らの使命をしっかり果たしたんだよ、

お疲れ様でした、ということなんだよ。」




こういわれました。





人が亡くなった、というときに、

今まで当たり前のように悲しんできた私には、

とても新鮮な言葉でした。

始めは余りなじめなかったけど、

ちょうどスピリチュアルなものに憧れていた

(美輪さん、江原さん影響)のも手伝って、

なんとなく解るようになった。



そっか、悲しいことじゃないんだ。





喜ばしいことなのかもしれない。

ほら、だって、お別れの次には出会いがあるし、

なんだか新しい門出を祝ってるような気がするから。

ちょうど今は春だし、

さくらがきれいだし、

先生を思い出します。

この季節が来るたびに、

きっと思い出します。

何年後、何十年後も。

ほんとうに、良い思い出ばかりです。

先生の作業着の匂いとか、

ハイテク室の匂いとか、

あの油の匂いも、

忘れられません。

素敵な髪型も、

素敵な口笛も、

やさしさも、

忘れません。

私達を、たくさんたくさん愛してくれました。

だから、思い出も、たくさんたくさんあるんです。

先生は、きっとしあわせ。

だって、こんなにも愛されている。

そんな人に愛された私達は、もっとしあわせ。




ほんとうに、

ありがとうございました。

としか言えません。

感謝です。





今、先生のことを思い出している私の心は、

とっても嬉しがってます。

おつかれさまでした、せんせい。













と、こんなことになるはずじゃなかったんですけど、

まあ、こうやってね、私を成長させてくれる、

素敵な人が居るってことはものすごく有り難いことなんです。

そして、「類は友を呼ぶ」って言うじゃないですかよく。

これは全くの真実で、

人は同じような性質の人を引き寄せるんです。

例えてみると、

向上心のある人には、向上心のある人が寄ってくるんです。

ものすごく簡単なことです。

私の大好きなはっちゃんという女性がいます。

十歳以上年上で、ぶりっ子で、典型的なB型で、

最初はすげー嫌な女だと思ってました。

ところがどっこい。

話してみるとすげー気が合うんです。

それからというものの、もうはっちゃんの虜ですよ。

大好き。

こんなことフツー言わないですよ、大好きなんです。

はっちゃんも大好きって言ってくれてます、

相思相愛なので、結婚するかもしれません。

話変わりますが、彼女、

気は合うんだけど、私には無い物を持っていたんです。

だから余計に惹かれたんですね。

私には無くてはっちゃんにあるもの。

それはポジティブスウィンキング。

なんだか私、はっちゃんのおかげで随分ポジティブになれたと思います。

そんな私の愛するはっちゃん。

実は来月異動になります。

他のオフィスに行ってしまうんです。

これにはガックリ。

とても残念。

愛する人が、私のそばからいなくなってしまうなんて、

そりゃー耐えられないことです。

でも、3日もしないうちに悲しみの淵から這い上がりました。

わかった、そうか。

私にははっちゃんはもう必要が無いんだ。

そう思ったのです。

このアマ、何を勘違いしてるのかいなとお思いでしょうが、

必要がない。

この通りなんです。

では考えてみましょう、

はっちゃんは何故私の前に現れたのでしょうか?

はい、そうです。

はっちゃんは、私を前向きな人間にするために現れたのです。

考え方がネガティブで、かなり損をしている、

というか、この子いつかウツになるんじゃねぇの?みたいな私の前に姿を出した、

とんでもなくポジティブなうっかりハチベエ。

このうっかりと付き合い出したらアラ不思議、

マイナスッ子がいつの間にかプラスッ子に変身していました。

というわけで、見事自分の役目を果たしたうっかりは、

蝶の如く秋葉原へ飛んで行ったとさ。


、、、。



なっっげえ。







途中変な茶番かましたりしてたけど、

結局言いたいことは、

私にははっちゃんはもう必要が無いんだ。

ということですよ。

わたくしすっかり成長しましたので、

あとは他をしあわせにしてやって下さい。

ばいばーい。















とはいえ、やっぱりさびしいよなあ。



ってさ、こんなこと言うつもり無かったんですけど(怒



いや、だからね、いいたかったのは、

自分の周りの人は、素晴らしくて、素敵な人たちだなあ。

と思うじゃないですか、

それは、裏返せば、

私は、素晴らしく、素敵な人なんだ。

ということなんですよ!!(これ思いついたの昼頃)

だからね、驕ってるわけじゃないですよ。

周りの人は、自分を映す鏡みたいな物なのかもしれません。

また、

他をすばらしい、と思える、自分自身もすばらしい、

ってことにもなるんです。





でね、仕事が終わってトイレで用足してましたら、

なかなか素敵なことが浮かんだんです。

なんだかんだいって、今の、私の周りは、

いい環境なのかも知れない、

って思ったんです。

仕事とかだと、どうしても嫌なこととかうんこなこととかありますよ、

そりゃ。

でもね、自分がこの環境を引き寄せているとすれば、

それでいいんですよ。

言葉で言うの難しいんですけど、

自分でこの状況を創り出したわけですよ。

だから、何も文句は言えないんですよ。

自分が、何を、やろうと、

全部、自分の責任なんです。

自分のやったことが、自分の結果なんです。

私、気付きませんでした。

まったく。

自分のやったことが、自分の結果。

そう思うと、ものすごーーーーーーーーーーく、

気が楽です。

すごい楽。

だって、これをするも自分、しないも自分、

するしないを決めるも自分。

何かして失敗するのも自分。

自分が決めたからしょうがないや。

と思えるんです。

なーにをやっても自分の責任なんですから、

ものっすごく楽しいじゃないですか。

考えてみて下さいよ。

ちょーハッピーじゃん。

てか、

自分の人生は、自分の人生なんだ。

って、初めて知りました。

伝わってる?

この感じ、伝わってる?

みんな、そんなの当然じゃん、って思うかも知れないけど、

21年、あと2ヶ月とちょっとで22歳かよ。

21年生きてきて初めて解りました。

ってゆーか、

腹に落ちたんだよね。

私の人生は私の人生、そんなのわかっとるわいっ

ってなるけど、

そんなの全然実感無いよ。

つかめない、触れられない、わかんない。

でも、私は腹に落ちました。

どっしりと重く感じました。

私この感覚、大事にして生きているんです。

色々、わかったふうになってませんか?

細かいことは良いです。

どうでもいいことは良いです。

もっと重要なワード、あるはずです。

なにか、ふんふん、と解るのと、

腹に落ちる時の感覚、ぜんっぜーん違いますよ。

頭でわかるのと、

経験してわかるのの違いかな。

あと、それに似た感覚だな。

これ、すっごい面白いですよ。

ただし、やろうと思って出来るものじゃないです。

ふとしたときに、気付く。

もっと奥深くを探ってみると、

あるんです。

その感覚が。

あー!!

そうだったのか!!

ってかんじです。


ちなみに私は放尿して拭いてパンツはいてた刹那です。




あああああ長かった。

これが言いたかったのよ。

放尿じゃなくて、

腹落ちのはなし。(たぶん)


てか、自分の人生が自分の人生と思えないって、

どんだけ自己犠牲してきた(また、その考え)

んだよって感じだね。

たぶん私の前世の人がそうだったんだろうね。

大丈夫ですよ、これからは自分をもっと大事にしますからねー。

これで彼女(?)も救われたであろう。

よかったよかった。



はーおやすみ。
[PR]
by whoresnyron | 2008-03-31 04:00

赤毛の女性は、

赤毛 


やーん☆
[PR]
by whoresnyron | 2008-03-31 02:21

カラオケ行きたいねー


って言ってて。

銀杏BOYZの曲の歌詞に

「あの子を愛するためだけに 僕は生まれてきたの」

ってフレーズがあるんだけど、



歌詞を変えて、






「あなたに愛されるためだけに 私は生まれてきたの」

って歌ってみたい。
































ドン引き!!!




あーゆー人は退くよね。

でもねー、ほんとうにそう思うんだよね。

このフレーズ、何で今まで無かったか?

と思うぐらい良くない?

ま、どっかで既にあるのかも知れんけど。






さいきんはしあわせです。

たのしくてー

うれしくてー

大好き!(順番ちがう)



久々にご飯食べながらオシャベリしたけど、

色々話せて良かったな。

私がのびのびできたから。

おくびょうな犬でなかったから。

帰るとき、すこし寒くて、

手の指を2本、ギュッてしたよ。

してくれた、

そのしあわせ。











もうわたし、
























自然に笑えるよ?
[PR]
by whoresnyron | 2008-03-29 23:18

部屋の壁に

e0140304_22245894.jpg


自作マドンナポスターを貼りましたっよ。

よし。これでわしもマドンナになれるじゃ。

ところで。

今日初めて彼にキレましたけど、

なんだかなあ。

後処理ってのがヘタクソやねうちら。





「・・・・。」

って言われて、

「そういう風に言われんの嫌です。」

って言って。

「失礼失礼失礼。」
「・・・・。」(すげー余計な一言。)

って言われて。





それ以降なんも言えなくて。

私自身「嫌。」って言ってた時も、

すっごい感情が高ぶってて、思いっきり涙声だったからな。

本当泣き出しそうだった。





だから冷静に、「これこれこうだから嫌な気持ちになる」

とか

「だからもう言わないで下さい」

とか、しっかり説明出来なかったんだよなあ。

ここはきちんと言うべきだった。

でも言えなかったからしょうがないけど。






それでお互い何も喋んないでしょ。

またこれか。って感じで。

でさ、こっちが有利かと思うじゃん、

私が怒ってんだから上手かと思うじゃん、

違うんですわ。

結局気をもむのはこっちですわ。

話しかけたの私だけだし。

でもさ、「さっきごめんね、ちょっと言い過ぎたね。」





なんて言えないっつーの。






ほんと、お互い黙ってるだけなんて、

お互い「ごめん」の一つも言えないなんて、

お互い子供だよな。

あーあ。


私、なんで喋れないんだろうね。

彼、なんで喋ってくれないんだろうね。



おんなじか、同じ気持ちか。



てか、気持ちここで一致しても、、



別にこんなの気にしてないけどさ。

ぜーんぜんっ気にしてないけどさ。







てかフツー、

泣きそうになる程失礼なことって言わないよな。

ひどい!!

とかさ、そういう類いならまだいいよ。

一番救いようがないリアクション教えてあげようか。









































「意味が、わから、ない。」







あのね、理解不能です。

この世で一番救いようが無いもの、

理解が出来ない。

という事象ですよ。




なんでそんなこと言ってしまうんだろう、

なんでそんな言葉が口から出てきてしまうんだろう。




これに尽きるね。





まあ、百歩譲って、考えてみましょう。

心配してんのかなあ、寂しいのかなあ。


って感じ?


でも、千歩譲って、そうだとしましょう。

そうだとしても、


下手過ぎる。



人に「伝える」という行動が下手過ぎる。


そんなんじゃ何も伝わんないよ、と思いますー


うううううううわああああああああ。





これ、私のことじゃないですかあああああああ。

そのままそっくり自分に返るじゃないですかああああ。


私は誤解を与える人間です。

クリーンヒットじゃないですかあああああああ。




お互い、悪いところが似てるって。






少しの認識でもしてたら救えますかね。

解決策は?救済策は?

お互い成長するには、

とことん腹を割って理解し合うことですかね





それに応じてくれれば良いけどね、、。
[PR]
by whoresnyron | 2008-03-26 23:16

新小岩で号泣

相談があるんですけど、、

から始まり、

かずこさんの「いい話」を聞いていると、

あることを思い出して、

すごいさびしくなった。

私だけ置いてかれている気分になった。

いーなーいーなー、そういう人はいーなー。

私には無いなー

なんも無いなー




いかん。





私はなんにも出来ないんだなって思ってしまった。











とおもったらぶわっと涙が出て、

うわ、



なにも

できない

できてない

悔しー。





それからね、

「人のしあわせを考えても良いけど、自分も見なよ。」

とか

「自分のしあわせを考えて良いんだよ。」

とか

言われて号泣。



今まで、外ばっかり気にしてて、

とにかく人のためになんかしなきゃとか、

人を楽しませなきゃ、

人を喜ばせなきゃ、

人を嬉しくさせなきゃ、

人をしあわせにしなきゃ、

とかいつも考えていた。

いつも自分は二の次だった。


だから、自分のことを第一に考えていいんだ、

自分が楽しんで良いんだとか、

自分がいい気分になっても良いんだ、

とか思った。



自分のしあわせ、、。




家族の環境についても、

「苦労してきたもんね」みたいなこと言われて。




私は頑張ってる。

でも、世の中にはもっと大変な境遇に生まれた人が居る。

もっと苦労してきている人が居る。

私なんか全然大したこと無い。

だから、頑張ってるとか、そういうこと思っちゃいけないんだと思った。

もっともっと、もっと頑張ってる人が居るのに、

私ごときが苦しいとか言っちゃいけないってずっと思ってた。

でも、「頑張ってるよね」みたいなこと言われたときに

涙が溢れてきてしまったのは、

やっぱり

認めて欲しかったんだな

と思う。

無理してたんだな、って思う。



頑張ってること、

苦労してること、

誰かに認めて欲しかったんだ。

頑張ったよね、

偉いよね、

よくやったね、

すごいね、

そうやって、言葉で、ハグしてもらいたかった。

このとき本当に、

言葉で抱きしめられたんだなって思った。

すごーい大きな愛で、包み込まれるような感覚で。

もういいんだよ、

頑張らなくて良いよ、

大丈夫だよ、

安心して良いんだよ、

子宮でねむる胎児のような私。

ありがとうありがとう、うれしい。



なんかね、これ全部本音ですよ。

キタナいところもあるけど、

人間だから、許して欲しい。

すっごい素直な気持ちです。




家に帰ってきて、手を洗いながら見た鏡に映る私の顔は

驚く程すっきりしていた。

ほんと浄化されたようなかお。

自分で言うのもなんだけど、

すっかりきれいな顔をしていた。

びっくりだ。




かずこさん、きょうはありがとう。

そして

これからもよろしくしてください。
[PR]
by whoresnyron | 2008-03-17 22:58

っっっっっていうか!!

私書いてんじゃん!!

過去の記事で女友達になりたいって書いてんじゃん!!

あれ?

どした?

だいじょうぶか?

どうしたことだ?

私に何がおこった?




似たようなもんだけど、やっぱり違う?

女友達≠親友

ですか?

まあ、とりあえずびっくりした。

どうなってんだ、って感じよ。

私は私であるかな?

ぶんれつしていないかな?

精神は一つでいるかな?

こころもからだも健康にしたい
[PR]
by whoresnyron | 2008-03-17 01:50

彼氏は

親友!!

何で今まで気付かなかったんだろうね。

ほんとにためになる話を聞きました。

私は親友のように接したいし、

悪いことは考えないようにすると、改めて思うのでした。

ネガティブなこと考えても何にもならない

というか、逆に損するだろうし。

負が引き寄せてしまうと大変なことに。

ていうか、考えることすべてがネガティブになってしまう私は、

もう考えることをやめたら良いんだな。

でもなんかしら考えてしまうのが人間であり

私はそれがもっと顕著に出ます。

前世の影響です。

仕方ないですね。
[PR]
by whoresnyron | 2008-03-17 01:43